株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コジマが大幅続落、20年8月期2ケタ営業減益見通し◇ 10月10日13時59分

 コジマ<7513.T>が大幅続落している。9日の取引終了後に発表した20年8月期の単独業績予想で、売上高2900億円(前期比8.2%増)、営業利益52億円(同19.1%減)、純利益50億円(同24.3%減)と2ケタ減益を見込んでいることが嫌気されている。

 エアコン、冷蔵庫、洗濯機やテレビ・レコーダーなどの好調な伸びを見込むほか、20年1月のWindows7サポート終了に伴うパソコンや周辺機器などの伸長を見込み増収を予想。ただ、9日付で親会社であるビックカメラ<3048.T>と役務提供にかかる費用負担に関する契約を締結し、ビックカメラからの役務提供などに対する対価約19億円を計上することから、減益となる見通しだ。

 なお、19年8月期決算は、売上高2681億2700万円(前の期比8.8%増)、営業利益64億2600万円(同51.3%増)、純利益66億400万円(同93.2%増)だった。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
10日の主なマーケットイベント
債券:30年債入札、テールは6銭で応札倍率3.87倍
ライクは反発、第1四半期32%営業減益も悪材料出尽くし感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »