株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ダイコー通産が11月30日を基準日として1株を2株に分割 10月11日17時02分

 ダイコー通産<7673.T>がこの日の取引終了後、11月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表した。投資単位の水準を引き下げることで、株式の流動性の向上及び投資家層の拡大を図ることを目的としている。効力発生日は12月1日。

 同時に発表した第1四半期(6~8月)単独決算は、売上高34億4100万円、営業利益9900万円、純利益6100万円だった。19年5月期は四半期決算を開示していないため前年同期との比較はないものの、会社側の参考値との比較では0.3%増収、12.1%営業減益となった。

 FTTH案件や防災行政無線案件の受注が寄与し、大型案件の影響を受けた前年同期の売上高を上回ったものの、人件費や上場関連費用の増加により利益は前年同期を下回った。ただ、会社側によると計画値に織り込み済みとしている。

 なお、20年5月期通期業績予想は、売上高158億8000万円(前期比5.6%増)、営業利益8億100万円(同6.9%増)、純利益5億1500万円(同12.0%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ココスの9月中間期営業利益は計画上振れで着地
SKジャパンが20年2月期業績予想を上方修正
11日中国・上海総合指数=終値2973.6558(+25.9452)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »