株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=JT、配当利回り6.5%強は魅力的 10月11日10時00分

 JT<2914.T>の上昇一服場面は狙い目となる。中期視野で戻り相場に期待したい。19年12月期は減収減益見通しながら、手元資金が豊富で株主還元に積極的な点は評価される。

 国内のRRP(加熱式たばこを含むリスク低減製品)市場での販売苦戦に伴い、業績は冴えない推移となっており、株価も昨年秋口以降調整を余儀なくされてきた。しかしこれにより株価指標面では割安感が増している。特に配当利回りが6.5%台と高い点は特筆され、中期スタンスで投資妙味がある。テクニカル的には25日・75日移動平均線のゴールデンクロスが接近しており、2300円台でのもみ合いは仕込み場と判断される。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
リボミックが反発、RBM-006に関する物質特許が日本で成立
大泉製が急動意、リチウムイオン電池関連で投資マネー流入
竹内製作所は高い、20年2月期営業利益予想を下方修正も織り込み済み


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »