株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般しっかり、シカゴは大阪比195円高の21995円 10月15日08時01分

ADRの日本株はファーストリテ<9983>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、三井住友<8316>、資生堂<4911>、HOYA<7741>、エーザイ<4523>、TDK<6762>、LINE<3938>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル108.4円換算)で全般しっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円高の21675円。

米国株式相場は下落。ダウ平均は29.23ドル安の26787.36、ナスダックは8.39ポイント安の8048.65で取引を終了した。本日は、コロンバスデーの祝日で主要経済指標などの発表も無く、上値の重い展開となった。先週、米中両国が部分的な合意に達したと報じられたものの、中国側が追加協議を望んでいると伝わり、先行き不透明感から売りが先行。その後は、今週から本格化する7-9月期決算発表を見極めたいとの思惑から下げ幅を縮小した。

14日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円22銭から108円46銭まで上昇して引けた。米中貿易の部分的合意において署名前に中国がさらなる協議を望んでいると報じられると合意に懐疑的見方がいったん浮上したものの、グローバルタイムズ紙が先週の貿易協議で米中が障壁を乗り越えており、両国とも合意成立させたい強い意向があると報じたため、期待が強まりドル買い・円売りが再燃。また、米10月NY連銀製造業景気指数が予想外に上昇したこともドル買い材料となった。ユーロ・ドルは、1.1033ドルから1.1018ドルまで反落後、戻して引けた。

NY原油先物11月限は反落(NYMEX原油11月限終値:53.59↓1.11)。


■ADR上昇率上位銘柄(14日)
<8303> 新生銀 3.02ドル 1637円 (70円) +4.47%
<3401> 帝人 20.1ドル 2179円 (77円) +3.66%
<8359> 八十二 43.08ドル 467円 (16円) +3.55%
<8355> 静岡銀 75.25ドル 816円 (22円) +2.77%
<6723> ルネサス 3.4ドル 737円 (19円) +2.65%


■ADR下落率上位銘柄(14日)
<6460> セガサミーHD 3.51ドル 1522円 (-25円) -1.62%
<7752> リコー 8.63ドル 935円 (-14円) -1.48%
<8309> 三井トラスト 3.43ドル 3718円 (-23円) -0.61%
<6753> シャープ 2.76ドル 1199円 (-7円) -0.58%
<5332> TOTO 37.34ドル 4048円 (-22円) -0.54%


■その他ADR銘柄(14日)
<1812> 鹿島 13.12ドル 1422円 (11円)
<1925> 大和ハウス 32.36ドル 3508円 (-15円)
<1928> 積水ハウス 20.51ドル 2223円 (19.5円)
<2503> キリン 21.11ドル 2288円 (6円)
<3402> 東レ 15.25ドル 827円 (3.9円)
<3407> 旭化成 21.4ドル 1160円 (15.5円)
<3938> LINE 36.64ドル 3972円 (52円)
<4523> エーザイ 50.79ドル 5506円 (70円)
<4901> 富士フイルム 43.23ドル 4686円 (25円)
<4911> 資生堂 79.95ドル 8667円 (77円)
<5108> ブリヂストン 19.54ドル 4236円 (32円)
<5201> AGC 6.28ドル 3404円 (-1円)
<5802> 住友電 13.06ドル 1416円 (31円)
<6301> コマツ 22.7ドル 2461円 (33.5円)
<6503> 三菱電 26.89ドル 1457円 (14.5円)
<6586> マキタ 30.75ドル 3333円 (63円)
<6645> オムロン 55.35ドル 6000円 (70円)
<6702> 富士通 16.32ドル 8844円 (16円)
<6723> ルネサス 3.4ドル 737円 (19円)
<6758> ソニー 57.84ドル 6270円 (40円)
<6762> TDK 93.92ドル 10181円 (121円)
<6902> デンソー 21.74ドル 4713円 (13円)
<6954> ファナック 18.2ドル 19729円 (264円)
<6988> 日東電 25.24ドル 5472円 (57円)
<7201> 日産自 12.4ドル 672円 (3.3円)
<7202> いすゞ 10.95ドル 1187円 (-4.5円)
<7203> トヨタ 135.07ドル 7321円 (52円)
<7267> ホンダ 26.24ドル 2844円 (15.5円)
<7270> SUBARU 13.87ドル 3007円 (24.5円)
<7733> オリンパス 13.4ドル 1453円 (3円)
<7741> HOYA 82.77ドル 8972円 (41円)
<7751> キヤノン 26.64ドル 2888円 (23.5円)
<7912> 大日印 12.78ドル 2770円 (23円)
<7974> 任天堂 46.17ドル 40039円 (169円)
<8001> 伊藤忠 41.28ドル 2237円 (0.5円)
<8031> 三井物 327.09ドル 1773円 (12円)
<8053> 住友商 15.65ドル 1696円 (14.5円)
<8058> 三菱商 49.87ドル 2703円 (22円)
<8306> 三菱UFJ 5ドル 542円 (6.7円)
<8309> 三井トラスト 3.43ドル 3718円 (-23円)
<8316> 三井住友 6.83ドル 3702円 (51円)
<8411> みずほFG 3.02ドル 164円 (1.9円)
<8591> オリックス 76.48ドル 1658円 (18.5円)
<8604> 野村HD 4.48ドル 486円 (4.3円)
<8766> 東京海上HD 51.5ドル 5583円 (23円)
<8802> 菱地所 19.07ドル 2067円 (0.5円)
<9432> NTT 50.16ドル 5437円 (26円)
<9735> セコム 22.53ドル 9769円 (34円)
<9983> ファーストリテイ 58.07ドル 62948円 (-322円)
<9984> ソフトバンクG 19.46ドル 4219円 (63円)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »