株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

不二精機 Research Memo(6):2019年12月期会社予想は1.7%増収、16.1%経常増益予想 10月15日15時36分

■今後の見通し

1. 2019年12月期の業績見通し
不二精機<6400>の2019年12月期通期の連結業績は、売上高で前期比1.7%増の6,251百万円、営業利益で同13.2%減の363百万円、経常利益で同16.1%増の310百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同16.9%増の207百万円と微増収で営業減益ながら経常増益の見通しである。上期に期初計画を若干上回ったものの、通期計画は変更していない。多分に米中貿易摩擦の影響などを考慮したと見られる。

2. 事業の動向について
事業別では精密金型事業が7.3%増、精密成形品事業が1.8%減を予想。精密金型事業では受注残高が高水準あり、売上計上は計画並みが見込まれる。一方、精密成形品事業においては自動車用を1.6%増と見込んでいるが、昨今の中国、タイ、インドネシアの自動車生産の減速を考慮すると、上期においても前年同期比1.6%減収だったことから、自動車部品向けの売上予想の未達成懸念がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 岡本 弘)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »