株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅に3日続伸、米中部分合意で400円超高 10月15日15時44分

日経平均は大幅に3日続伸。米中が11日まで行った貿易協議で部分的な合意に達したと伝わり、日本の3連休中に海外株は大きく上昇。円相場は1ドル=108円台前半に下落し、連休明けの日経平均はこうした流れを好感して264円高から、また節目の22000円台をおよそ3週間ぶりに回復してスタート。寄り付き後も先物の買い戻しなどが入り、大引けにかけて22219.63円(前週末比420.76円高)まで上昇する場面があった。ただ、後場は値幅が65円ほどにとどまり、高値圏でややこう着感を強めた。

大引けの日経平均は前週末比408.34円高の22207.21円となった。終値としては4月26日以来、およそ5カ月半ぶりの高値水準。東証1部の売買高は12億8408万株、売買代金は2兆3125億円だった。業種別では、海運業、医薬品、建設業が上昇率上位で、その他も全般堅調。石油・石炭製品のみ下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の88%、対して値下がり銘柄は10%となった。

個別では、日経平均寄与度の大きいソフトバンクG<9984>が2%超、ファーストリテ<9983>が3%超上昇し、2銘柄で日経平均を約101円押し上げた。ソフトバンクGは米シェアオフィス大手への追加支援が報じられている。半導体関連など景気敏感株の買い戻しが強まり、SUMCO<3436>は5%を超える上昇。その他売買代金上位もトヨタ自<7203>、任天堂<7974>、ソニー<6758>など全般堅調だった。決算発表したクリレスHD<
3387>やディップ<2379>、統合失調症治療剤の米国での承認取得を発表した久光薬<4530>は大幅高。また、業績上方修正を発表したeBASE<3835>はストップ高を付けた。一方、売買代金上位ではリクルートHD<6098>や太陽誘電<6976>が逆行安。決算発表銘柄ではパソナ<2168>やチヨダ<8185>が大きく売られた。また、UMCエレ<6615>は連日で売り気配のままストップ安比例配分となった。



<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »