株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ネオスが続落、IoTデバイス注力が奏功し19年8月期営業26%増益も織り込み済み 10月15日09時13分

 ネオス<3627.T>が続落、800円近辺を横に走る75日移動平均線から下に放れる動きをみせている。同社が前週末11日取引終了後に発表した19年3~8月期決算は売上高が前年同期比45%増の48億6600万円、営業利益が同26%増の2億4600万円と大幅増収増益を達成。デバイス事業はIoTデバイス関連に注力して需要を取り込むことに成功、全体業績を牽引している。ただ、株価的には織り込みが進んでおり、足もとは売りが優勢となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(寄り付き)=大幅続伸、米中協議の結果好感し買い優勢で始まる
霞ヶ関キャピタルがカイ気配で水準切り上げる、20年8月期営業益倍増見通し
メディア工房が反発、20年8月期営業3.6倍見通しをポジティブ視


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »