株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「建設機械レンタル」が18位に浮上、台風19号の被害甚大で復旧関連として注目<注目テーマ> 10月16日12時22分

★人気テーマ・ベスト10
1 台風対策
2 水害対策
3 防災
4 復興関連
5 電線地中化
6 5G
7 国土強靱化
8 土木
9 リチウムイオン電池
10 人工知能

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「建設機械レンタル」が18位に浮上している。

 前週末に日本列島に上陸した台風19号の記録的大雨の影響で、長野県の千曲川や福島県の阿武隈川、東京都でも多摩川など多くの河川が氾濫した。また、各地で土砂崩れなども発生。現在でも被害の全容はまだ把握できていないとの声も聞かれている。

 各地では、復旧に向けた作業が急がれているが、政府では今回の台風19号による被害を激甚災害に指定する方針だという。激甚災害に指定されると、国により災害復旧事業の補助金の上積みがなされる。政府は既に19年度予算の予備費7億円強の支出を行う方針を固めたほか、19年度補正予算の編成も検討していると伝わっている。これにより、被災自治体は復旧に向けた事業を加速することができ、それに伴い建設機械のレンタル需要が増加するとの思惑も強まっている。

 関連銘柄の動きでは、15日にはカナモト<9678.T>が一時、前週末比7.5%高の2952円に買われたほか、西尾レントオール<9699.T>も同4.5%高の2955円に上昇。この日もニッパンレンタル<4669.T>が一時、前日比19.7%高の911円に買われるなど人気は続いており、ユニットハウス大手のナガワ<9663.T>などにも物色が波及している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<10月15日のストップ高銘柄>
<10月15日の十字足示現銘柄(売りシグナル)>
田中化研はカイ気配のまま上昇、リチウムイオン電池製造のノースボルト社と契約締結


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »