株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~上げ一服も全体としては底堅さが意識されやすい 10月17日08時50分

17日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:上げ一服も全体としては底堅さが意識されやすい
■前場の注目材料:三信電、2Q上方修正 営業利益11.0億円←7.0億円
■ファナック<6954>ロボ部品加工を「夜間」無人化、1カ月連続稼働


■上げ一服も全体としては底堅さが意識されやすい

17日の日本株市場は、直近の上昇に対する反動が意識されるが、底堅い展開が見込まれる。16日の米国市場ではNYダウが22ドル安と小幅に下落。9月小売売上高が予想外の減少となり、地区連銀経済報告(ベージュブック)では、複数の企業が経済成長見通しを下方修正したことが示されたほか、米中協議の先行き不透明感も根強く軟調推移となった。しかし、一部企業決算が好感されており、底堅さが意識されている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の22520円。円相場は1ドル108円70銭台で推移している。

日経平均は足元で4営業日続伸となり、1000円上昇していることもあり、米株安の流れを受けて利食い優勢になりそうである。ただし、一気に22500円レベルまで上昇し、年初来高値を更新しているだけに、想定内の一服との見方に向かいやすく、全体としては底堅さが意識されやすいだろう。

ファーストリテ<9983>の影響度が大きく、インデックスに絡んだ売買が押し上げた格好だろうが、一気に4月以来の高値を更新しており、弱気に傾いているポジションの巻き戻しが一段と強まり、さらに、慎重姿勢の投資家にとっても上値追いの流れに向かわせやすいところである。

一方で中小型株などは想定的に伸び悩む銘柄なども目立っており、マザーズ指数の弱い動き等をみても、総強気ムードにはなりづらいところである。とはいえ、目先的にはリスクオンの中、引き続き本格化する米決算を見極めつつ、アク抜け的な値動きを見せてくるようであれば、相対的に出遅れ感のある日本株への波及も意識されやすいだろう。


■三信電、2Q上方修正 営業利益11.0億円←7.0億円

三信電<8150>は2020年3月期第2四半期業績予想の修正を発表。売上高は580億円から660億円、営業利益を7億円から11億円に上方修正した。ソリューション事業が好調に推移したことに加え、デバイス事業でも一部の顧客において第3四半期以降からの計画前倒しの動きが見られた。


■前場の注目材料
・日経平均は上昇(22472.92、+265.71)
・シカゴ日経225先物は上昇(22520、大阪比+30)
・1ドル108円70-80銭
・米原油先物は上昇(53.36、+0.55)
・米長期金利は低下
・米追加利下げ観測
・日銀のETF購入
・株安局面での自社株買い

・ファナック<6954>ロボ部品加工を「夜間」無人化、1カ月連続稼働
・KDDI<9433>端末販売プラン見直し、最大3分の1割引に
・住友商<8053>インドネシアで倉庫賃貸ビジネス拡大、来月に新大型拠点稼働
・IHI<7013>モロッコで連続受注、発電ボイラ長期保守契約
・アサヒ<2502>アサヒGHDが保有の乳酸菌、運動疲労の回復に寄与
・東洋紡<3101>バイオマス由来の包装フィルム開発、強度面などクリア


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし

<海外>
・09:30 豪・失業率(9月) 予想5.3% 前回5.3%



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »