株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米中最終合意への道筋 10月17日16時57分

 報道によると、ムニューシン米財務長官は16日、米中通商交渉の第一段階の合意について、「トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が署名を目指す来月までに、両国の交渉団はまだやるべきことがある」との見方を示した。ムニューシン財務長官は、記者団に対し、「さらなる協議を北京で行うよう中国から要請は受けていないが、私自身とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は、必要ならば中国を訪問する用意がある」との見方を伝えた。トランプ政権が12月15日に発動を予定している1560億ドルの中国製品に対する追加輸入関税への対応はまだ決まっていないもようだ。

 市場関係者の間では通商問題などを巡る米中協議でさらなる進展が期待されているが、ある市場関係者は「一部事項について米中双方がすみやかに合意に至るかどうか定かではない」、「事態の進展を慎重に見極める必要がある」と指摘している。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »