株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ノムラシステム Research Memo(3):配当性向40%以上で安定的に実施 10月18日15時33分

■ノムラシステムコーポレーション<3940>の株主還元

無借金経営、事業規模に照らすとキャッシュリッチな企業と見ることができる。2019年12月期第2四半期末の自己資本比率は89.3%と極めて高い。2019年12月期の配当見通しは11円だが、1対2株式分割を2019年8月1日付で実施しているので、前年実績22円配を事実上継続する意向だ。会社側では配当性向を40%以上とし、安定配当を継続的に行う考えを明らかにしている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野文也)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »