株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

株価急伸のトリケミカル研究所に順張りのコール買い目立つ(18日10:00時点のeワラント取引動向) 10月18日10時39分

新規買いは原資産の株価上昇が目立つトリケミカル研究所<4369>コール30回 2月 8,500円を順張り、ブイ・テクノロジー<7717>コール58回 1月 7,000円を順張り、SUMCO<3436>コール176回 2月 1,800円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つワークマン<7564>コール13回 2月 9,000円を逆張り、ワークマンコール12回 2月 8,500円を逆張り、オリエンタルランド<4661>コール98回 12月 14,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはそーせいグループ<4565>コール82回 11月 3,150円、アンリツ<6754>コール12回 11月 1,850円、GMOペイメントゲートウェイ<3769>コール14回 12月 9,000円、コロプラ<3668>コール37回 12月 1,000円、韓国200種株価指数プット253回 3月 220ウォンなどが見られる。

上昇率上位はデジタルガレージ<4819>コール54回 11月 4,100円(+50.0%)、パナソニック<6752>プット184回 11月 800円(+45.0%)、東レ<3402>コール125回 12月 900円(+40.0%)、パナソニックプット185回 11月 850円(+35.9%)、楽天<4755>コール253回 11月 1,200円(+34.0%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »