株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は反発、年初来高値更新も後場伸び悩み 10月18日15時40分

日経平均は反発。17日の米国市場でNYダウは反発し、23ドル高となった。英国の欧州連合(EU)離脱を巡り両者が合意したことや、主要企業の市場予想を上回る決算が好感された。本日の日経平均も企業の業績改善期待を背景に76円高でスタート。前場の取引中に中国の7-9月期国内総生産(GDP)が発表されると、一時22649.85円(前日比197.99円高)まで上昇し取引時間中の年初来高値を付けた。ただ中国株が弱含んだうえ、英議会のEU離脱案採決を見極めたいとの思惑も広がり、後場は小高い水準でのもみ合いが続いた。

大引けの日経平均は前日比40.82円高の22492.68円となった。終値としても年初来高値を更新した。東証1部の売買高は10億8228万株、売買代金は1兆9968億円だった。業種別では、ガラス・土石製品、石油・石炭製品、繊維製品が上昇率上位だった。一方、食料品、情報・通信業、陸運業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の49%、対して値下がり銘柄は46%となった。

個別では、ファーストリテ<9983>、村田製<6981>、キーエンス<6861>などが堅調。SUMCO<3436>が4%超上昇したほか、SCREEN<7735>は8%近く上昇した。台湾の半導体受託生産(ファウンドリー)大手が設備投資計画を上方修正し、関連銘柄が大きく買われた。太陽誘電<6976>など電子部品株やファナック<6954>など設備投資関連株の一角でも上げが目立った。一部証券会社の新規レーティング付与が観測された大平洋金<5541>は急伸。また、事業買収を発表したキャリアインデ<6538>はストップ高水準で取引を終えた。一方、任天堂<7974>、東エレク<8035>、ソニー<6758>などがさえない。資生堂<4911>は利益確定売りがかさみ3%下落した。また、決算発表したモバファク<3912>や業績下方修正を発表したアーレスティ<5852>が東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »