株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外為サマリー:108円50銭前後で推移、米長期金利の上昇が下支え 10月21日15時36分

 21日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=108円50銭前後と前週末午後5時時点に比べ10銭強のドル安・円高。ユーロは1ユーロ=121円02銭前後と同10銭強のユーロ高・円安で推移している。

 ドル円は午後にかけ値を上げ午後1時10分過ぎに108円55銭まで上昇。時間外取引で米10年債利回りが上昇していることがドルの下支え要因となった。ただ、19日に英議会は、英政府と欧州連合(EU)が合意した離脱協定案の採決を先送りしたことから、ブレグジットを巡る先行き不透明感が市場の警戒要因となっている。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.1152ドル前後と同0.0030ドル弱のユーロ高・ドル安で推移している。



出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
23日の主なマーケットイベント
住友化が20年3月期業績予想を引き下げ、配当予想を未定に修正
<個人投資家の予想> 10月21日 15時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »