株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=続伸、前場通じて堅調に推移も売買代金は低調 10月21日11時51分

 21日前引けの日経平均株価は前営業日比62円66銭高の2万2555円34銭と続伸。前場の東証1部の売買高概算は4億2551万株、売買代金概算は7051億6000万円。値上がり銘柄数は1467、対して値下がり銘柄数は561、変わらずは126銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は、前週末の米国株市場でNYダウなど主要指数が下げたにも関わらず、リスク回避の売り圧力は限定的で日経平均は前週末終値を上回って推移した。アジア株市場は高安まちまちで外国為替市場でもやや円高水準でもみ合っているものの、内需系の中小型株の物色意欲が根強く、全体相場を支えた。ただ、主力株の上値は重い。東証1部全体の7割近い銘柄が上昇したが、売買代金は7000億円強と閑散商状だった。

 個別ではトヨタ自動車<7203.T>がしっかり、リクルートホールディングス<6098.T>、神戸物産<3038.T>が高い。ユー・エム・シー・エレクトロニクス<6615.T>、キャリアインデックス<6538.T>がストップ高、東京産業<8070.T>も値を飛ばした。半面、ソフトバンクグループ<9984.T>が冴えず、ファーストリテイリング<9983.T>も軟調。太陽誘電<6976.T>も売りに押された。ミサワ<3169.T>が急落、スノーピーク<7816.T>も大幅安。アプラスフィナンシャル<8589.T>も利食われた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
神戸物産が2カ月ぶり6000円大台、消費増税も強み発揮し分割権利取りの動きも
ソフトバンクグループは断トツの売買代金こなすも株価は軟調、SVFパートナー辞任報道などを嫌気
スノーピークが一時16%安と急落、新株予約権の発行に警戒感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »