株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位にエンプラス 10月21日14時47分

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の21日午後2時現在で、エンプラス<6961.T>が「売り予想数上昇」で4位となっている。

 前週末18日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が152億円から160億円(前年同期比1.3%減)へ、営業利益が8億円から13億円(同3.3%減)へ、純利益が5億6000万円から14億円(同36.1%増)へ上振れて着地したようだと発表した。半導体機器事業で米国、中華圏で各種ICソケットやバーンインソケットの販売が好調に推移したことに加えて、子会社で訴訟損失引当金戻入を特別利益として計上したことなどが要因としている。

 業績上振れを発表したものの、好決算期待から株価は前日まで5連騰し、連日で年初来高値を更新していただけに、この日は目先の材料出尽くし感もあって売りが優勢の展開で、これが売り予想数の上昇につながっているようだ。

 なお、20年3月期通期業績予想については、世界経済を取り巻く不安定要素が業績へ与える影響が不透明であるとして、最終利益のみ14億円から18億円(前期比5.4倍)へ上方修正し、売上高320億円(同2.3%増)、営業利益20億円(同15.3%増)は従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
エンプラスは反落、上期業績は計画上振れ着地も材料出尽くし感強まる
21日の主なマーケットイベント
内外テックが続急騰、東エレク関連で人気波及◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »