株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

神戸物産が2カ月ぶり6000円大台、消費増税も強み発揮し分割権利取りの動きも 10月21日11時11分

 神戸物産<3038.T>が3日ぶり反発、一時約2カ月ぶりに6000円大台を回復した。売買高は急増傾向にあり午前11時現在で130万株を超えた。プライベートブランド商品比率が高く、価格訴求力の強さを武器とした「業務スーパー」を全国展開、積極的な店舗戦略を背景に収益成長路線を走っている。10月からの消費増税で消費者マインドが慎重となるなかで、同社のビジネスモデルが相対的優位にあるとの見方が市場では広がっている。今月末の株主を対象に1株を2株にする株式分割予定にあり、権利取り狙いの買いも株高につながっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
KOAが反落、中国向け落ち込み第2四半期61%営業減益
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位に幸楽苑HD
ソフトバンクグループは断トツの売買代金こなすも株価は軟調、SVFパートナー辞任報道などを嫌気


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »