株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リボミックがRBM-007に関する国内物質特許査定を取得 10月21日17時55分

 リボミック<4591.T>がこの日の取引終了後、加齢黄斑変性症治療薬として開発を進めているRBM-007(抗FGF2アプタマー)に関して、日本特許庁に出願していた物質特許について特許査定を受け取ったと発表した。

 同特許は、FGF2の作用を阻害するアプタマーをカバーする物質特許で、既に米国では特許が成立しているという。なお、同件による20年3月期業績に対する影響はないとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明後日の為替相場見通し=米国やブレグジット動向などを注視
日銀為替市況 午後5時時点、108円56~57銭のドル安・円高
日銀為替市況(ドル円・午後5時)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »