株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

健康を資産化 仮想通貨WELLのウェルネストークンエコノミー始動【フィスコ・アルトコインニュース】 10月21日13時05分

トークンエコノミーのコンサルや開発などを手がけるアヤナスシグレは21日、新規に発行された暗号資産(仮想通貨)WELLが利用できるウェルネストークンエコノミーのプロデュースおよび支援業務を開始したと発表した。

微量採血検査事業を手がけるマイクロブラッドサイエンスの完全子会社MBS LABTECH PTE. LTD.(シンガポール)が、仮想通貨「WELL」について、「ステラ(XLM)」ブロックチェーンでアセットを新規発行したとしている。ステラベースのアセットによるトークンエコノミーはWELLが日本初となり、WELLはウェルネストークンエコノミーでのユーティリティトークンとして、経済圏で活動する全てのステークホルダーの間で循環することを目的として発行されたと伝えている。

ウェルネストークンエコノミーとは、健康を見える化して得に暮らすためのトークンエコノミー。健康を続けると報酬としてWELLがもらえ、もらったWELLで微量採血検査や健康企業の製品やサービスを利用、将来的には取引所で現金と交換もできるという。

2020年2月には、健康活動へ参加するなどしてウェルネストークンをやり取りする依頼「バウンティ」をスタートする予定のようだ。バウンティに参加することでウェルネストークンがもらえるほか、バウンティを通して様々な活動に参加して健康になることができ、バウンティへの参加記録が見える化されることで正当に評価されるとしている。

「ステラ」は、国際送金を目的として開発された仮想通貨である。送金速度が早く5秒以内で着金を確認できるという。仮想通貨の時価総額ランキングでは現在10位となっている。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »