株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米国株見通し:英国、米中めぐる期待感続く 10月22日18時49分

S&P500先物       3004.25(-2.25) (18:20現在)
ナスダック100先物  7946.00(-2.25) (18:20現在)

 18時20分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は小安く推移。NYダウ先物は20ドル安ほどで推移している。欧州株式市場は高安まちまち。時間外取引のNY原油先物は前日比0.15ドルほどの上昇で推移。こうした流れを受け、22日の米株式市場は売り優勢気味に始まりそうだ。

 ただ、英ジョンソン政権が前日議会に提出したEU離脱関連案の審議が本日から始まるが、同案の早期成立、離脱案の承認による合意ある離脱への期待感は根強い。また、中国の楽玉成外務次官が本日、「中国と米国は通商協議で一定の進展を果たした」と述べており、米中協議の進展期待も続くとみられる。NY原油先物は、米国内の在庫増加予想から売り優勢の展開が見込まれる。

 本日発表となる米国の経済指標は、9月中古住宅販売件数と10月リッチモンド連銀製造業指数。中古住宅販売件数は前回2018年3月以来の高水準となり、その勢いを継続するとの予想。一方、リッチモンド連銀製造業指数は前回再び落ち込み、今回もマイナス継続が予想され、強弱まちまちの結果になりそうだ。企業決算の発表は、スナップチャット、チポトレ・メキシカン・グリル、ハーレー・ダビッドソン、ユナイテッド・テクノロジーズなどが予定されている。



<KK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »