株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

電算システム---東濃インターネットデータセンターの増築計画発表、新型モジュール型データセンターを建設 10月23日12時55分

電算システム<3630>は16日、東濃インターネットデータセンター(岐阜県土岐市)の増築計画を決定。現在のモジュール型データセンター3基(30ラック)に加え、新型モジュール型データセンター(28ラック)の増築すると発表した。

2013年11月に開設された東濃インターネットデータセンターでは利用者が順調に増加し、利用率が高まったことで今回の増築を計画。モジュール型はビル型の「堅牢性」とコンテナ型の「省コスト・省エネルギー・省スペース」の二つのメリットを持ち合わせ、これらのメリットに加え、多様な顧客ニーズに応える柔軟性を持たせた新型モジュール型を増築する。今後は新型モジュールでのさらなる増築を図り、データセンター事業を拡大させていくとしている。




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »