株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

3DMが吸収性局所止血材の製造販売承認を申請◇ 10月23日15時48分

 スリー・ディー・マトリックス<7777.T>がこの日の取引終了後、自己組織化ペプチド技術を用いた吸収性局所止血材(TDM-621)に関して、厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表した。

 TDM-621は欧州において、止血材用途に加えて、後出血予防用途が昨年効能追加されている製品。また販売に関しては、日本国内における独占販売権許諾契約を締結している扶桑薬品工業<4538.T>を通じた販売活動を計画している。なお、同件による20年4月期業績への影響はないという。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
外為サマリー:1ドル108円30銭台で推移、ブレグジット動向などが相場左右
<個人投資家の予想> 10月23日 15時
明日の主なマーケットイベント


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »