株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コロナの9月中間期営業利益は計画を上回って着地 10月23日18時02分

 コロナ<5909.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、営業利益が2億円から2億9000万円(前年同期比28.7%減)へ、純利益が2億円から3億円(同21.9%減)へ上振れて着地したようだと発表した。

 7月までの天候不順と市況動向の変化などにより、ルームエアコンの販売が伸び悩み、売上高は429億円から401億6000万円(同1.9%増)へ下振れたものの、銅・アルミなど非鉄金属の相場が下落傾向で推移したことや、予定していた経費の一部が下期にずれ込んだことなどが利益を押し上げたとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の為替相場見通し=NYダウの動向など注視
栄研化の9月中間期業績は計画上振れで着地
日銀為替市況 午後5時時点、108円37~38銭のドル安・円高


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »