株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

WOWOW上げ幅を拡大、番組に関わる費用の発生がずれ込み上期営業利益は計画上振れ 10月25日13時41分

 WOWOW<4839.T>が後場上げ幅を拡大している。午後1時30分ごろ、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、営業利益が30億円から45億円(前年同期比8.3%増)へ、純利益が22億円から34億円(同11.0%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。

 売上高は411億円から410億円(同0.8%増)へやや下振れたものの、放送セグメントにおける番組に関わる費用などの発生が第3四半期以降へずれ込む見通しとなったことから利益は上振れたとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日電産は5連騰で一時1万6000円台乗せ、トラクションモーター受注急増で買い人気
<個人投資家の予想> 10月25日 13時
ゼビオHDが反落、冷夏で売り上げ伸び悩み20年3月期業績予想を下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »