株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 エイアンドティー、フェローテク、ソフィアHDなど 10月28日07時32分

銘柄名<コード>25日終値⇒前日比
CEホールディングス<4320> 464 -38
上方修正受けて24日ストップ高の反動安。

日本アジア投資<8518> 316 -16
23日にかけて大幅上昇の反動が続く。

ネクステージ<3186> 1058 -58
リバウンド一巡感も強まり処分売り継続。

ダイワボウホールディングス<3107> 4725 -165
上半期業績上方修正も材料出尽くし感。

キャリアインデックス<6538> 454 -9
週初にかけて急騰の反動安が続く。

ワコム<6727> 413 -13
高値圏で利食い売りも集まる格好に。

NTN<6472> 336 -8
みずほ証券では会社計画未達を想定へ。

メガチップス<6875> 2066 -8
25日は子会社のナスダック上場申請材料に急伸。

シュッピン<3179> 1022 +20
上方修正発表後は出尽くし感が優勢に。

システナ<2317> 1545 -81
上半期好決算発表も出尽くし感が先行する。

ソフトバンクグループ<9984> 4017 -50
少なくとも50億ドル相当の減損処理を計画していると伝わる。

東京エレクトロン<8035> 21880 +545
米インテルの先行き見通しや設備投資計画上方修正を材料視。

ショクブン<9969> 186 +18
材料見当たらず仕掛け的な動きに追随か。

ピーエイ<4766> 220 -11
25日は長い上ヒゲを残す形に。

ヨネックス<7906> 585 -43
週末要因で短期資金の利食い売り優勢か。

ドリコム<3793> 723+32
上方修正を好感した動きだが戻り待ちの売りも。

エイアンドティー<6722> 1340 +121
19年12月期の第3四半期決算を発表、営業利益は前年同期比で約9.8倍の7.70億円に。

DDS<3782> 338 +4
三菱電機インフォメーションシステムズと包括的販売契約を締結。

両毛システムズ<9691> 1749 -93
20年3月期第2四半期の営業利益は前年同期比514.6%増の6.66億円。

カイノス<4556> 846 +46
前場に20年3月期第2四半期決算を発表、営業利益は前年同期比4.7%増の3.21億円。

フェローテク<6890> 1090 +107
半導体関連に物色向かう。

ソフィアHD<6942> 1190 +112
連結子会社が人材派遣事業の新会社設立、調剤薬局に薬剤師派遣。

ユビAI<3858> 773 +90
量子コンピューター関連の一角には関心続く。

インティメート・マージャー<7072> 3420 ±0
24日にマザーズ市場へ新規上場、初値は公開価格の約2.1倍となる4000円。

BASE<4477> 1333 ±0
25日マザーズ市場へ新規上場、初値は公開価格を6.9%下回る1210円。







<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »