株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:大伸化学はストップ高、日本興業が大幅高 10月28日16時32分

<1431> リブワーク 2444 +274
後場に入り急騰。本日12時30分、12月31日を基準日として、1株につき2株の割合で株式分割を行うと発表。投資単位当たりの金額を引き下げることにより、株式の流動性を高める。同時に20年6月期配当予想の修正も発表。第3四半期、期末ともに、従来予想の9円(普通配当8円、上場記念配当1円)から4.5円(普通配当4円、上場記念配当0.5円)に変更としているが、分割を考慮すると実質的な変更はない。

<4629> 大伸化学 1513 +300
ストップ高。20年3月期の営業利益を従来予想の10.20億円から14.42億円(前期実績9.79億円)に上方修正。売上高は原油・ナフサ市況の低調を反映して従来予想の300.00億円から294.71億円(同295.79億円)に引き下げたが、効率的な原材料購入を推進したほか、一部の主要原料価格の下振れが追い風となり利益拡大の見通し。気配値水準が200日移動平均線を上回ったことも買いを後押しした。

<7046> TDSE 3460 +55
大幅に反発。SBIホールディングス<8473>傘下のSBI証券とFinTech分野で業務提携したと発表している。テクノスデータサイエンス・エンジニアの「scorobo」エンジンを活用したAI型投資サービスを共同開発する。今後、SBI証券とAI分野で戦略的なパートナーシップを構築し、SBIグループ各社との協力体制のもと、投資家のニーズを反映したAIサービス構築に努めるとしている。

<3997> トレードワークス 1306 +106
一時ストップ高。岩井コスモホールディングス<8707>傘下の岩井コスモ証券に証券インターネット取引システムを提供すると発表。提供開始は20年1月の予定。岩井コスモ証券のネット取引専用顧客向けネット取引サービスにトレードワークスの「TradeAgent」をカスタマイズして提供する。取引画面や機能面の向上に加え、株式・先物オプション・投資信託を取引可能なスマートフォン専用アプリを提供する。

<3779> JエスコムHD 165 +15
急騰。20年3月期の営業利益を従来予想の0.20億円から0.38億円(前期実績0.62億円)に上方修正している。消費増税に伴う駆け込み需要などで事業が順調に推移したことに加え、人件費等の減少で利益が拡大した。9月9日に直近高値(212円)を付けて以降、株価が軟調に推移していることも買いやすさにつながったようだ。

<5279> 日本興業 910 +105
大幅高。20年3月期の営業利益を従来予想の2.70億円から3.20億円(前期実績2.43億円)に上方修正。木資材事業で西日本豪雨災害の復旧工事が進捗するとともに、景観資材事業も東京オリンピック・パラリンピック関連工事などで好調に推移。高付加価値製品の拡販が奏功していることも利益を押し上げる見込み。17日に大台の1000円を割り込んで以降、株安が続いたことも値頃感からの買いにつながったようだ。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »