株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東エレク、スクリーンが新高値、インテル急伸受け半導体関連株への資金流入が加速◇ 10月28日09時17分

 東京エレクトロン<8035.T>、ディスコ<6146.T>、SCREENホールディングス<7735.T>など半導体製造装置関連が買われている。東エレクは新高値、スクリーンも昨年9月以来の8000円大台乗せを果たした。米中貿易協議の進展期待が再び高まっており、米国株市場では半導体関連をはじめハイテク関連株に物色の矛先が向いている。インテルが好決算を受けて前週末に8%を超える急伸をみせ、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も2%強の上昇で続伸しており、東京市場でも関連株に強い追い風となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
田辺三菱が続伸、ステラーラなど堅調で上期業績は計画上回る
長大はカイ気配スタート、業務効率化奏功し19年9月期業績は計画上振れ
Jエスコムがカイ気配スタートで水準切り上げる、通期営業利益の増額修正を材料視


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »