株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=続伸、景気敏感株中心に上値指向続く 10月28日11時44分

 28日前引けの日経平均株価は前週末比61円78銭高の2万2861円59銭と続伸。前場の東証1部の売買高概算は5億502万株、売買代金概算は8800億6000万円。値上がり銘柄数は1125、対して値下がり銘柄数は922、変わらずは108銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は前週末の米国株市場でNYダウなど主要指数が総じて上昇したことを受け、リスクを取る動きが優勢となり日経平均は上値追い基調を続けた。日経平均は前週末まで5日続伸と押し目待ちに押し目なしの状況にあり、きょうも目先利益確定の売りを吸収し、空売り筋の買い戻しを絡めて水準を切り上げる動きが続いている。業種別では海運セクターや鉱業、非鉄、電機、鉄鋼など世界景気敏感株への買いが目立った。ただ、売買代金は盛り上がらず1兆円を下回った。

 個別ではエーザイ<4523.T>が大商いで上値追い継続。東京エレクトロン<8035.T>、SUMCO<3436.T>なども上昇した。ファナック<6954.T>も高い。三櫻工業<6584.T>が集中人気で商いを膨らませ値上がり率トップ。日本電子材料<6855.T>、長大<9624.T>もストップ高に買われた。スルガ銀行<8358.T>も物色人気。半面、信越化学工業<4063.T>が軟調、SMC<6273.T>も値を下げた。オリエンタルランド<4661.T>、神戸物産<3038.T>なども売りに押された。栄研化学<4549.T>、東洋エンジニアリング<6330.T>が安く、プレステージ・インターナショナル<4290.T>は急落。enish<3667.T>の下げも目立つ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
三桜工はストップ高人気、全固体電池関連で個人投資家の売買活発化
スルガ銀が商い急増のなか大幅高、ノジマが株式買い増しで筆頭株主に◇
電子材料はS高、高収益製品の拡販進み上期業績は計画を上振れ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »