株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「半導体製造装置」が4位にランクイン、米SOX指数は最高値を更新<注目テーマ> 10月28日12時22分

★人気テーマ・ベスト10

1 量子コンピューター
2 半導体
3 5G
4 半導体製造装置
5 全固体電池
6 水害対策
7 リチウムイオン電池
8 国土強靱化
9 人工知能
10 パワー半導体

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「半導体製造装置」が4位となっている。

 海外の半導体関連企業の好決算が相次いで発表されている。半導体受託生産で世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が17日に公表した10~12月期の業績見通しは売上高、純利益ともに市場予想を上回った。また、インテルが24日に発表した7~9月期決算も好調で、同社の株価は先週末25日の米株式市場で急騰した。米国の半導体製造装置大手のラムリサーチの決算も良好だった。アップルの「iPhone」などスマートフォン販売が伸びているほか、データセンター向け半導体の需要が好調だ。これを受け、米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は25日に最高値を更新している。

 週明け28日の東京市場でも半導体関連株への物色人気が続き、特に東京エレクトロン<8035.T>やSCREENホールディングス<7735.T>、アドバンテスト<6857.T>といった半導体製造装置株はそろって年初来高値を更新。ディスコ<6146.T>やミライアル<4238.T>も新高値に買われている。日本企業も決算シーズンに入っており、30日のスクリン、アドテスト、31日の東エレクなどの業績内容が注目されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=続伸、景気敏感株中心に上値指向続く
東エレク、スクリーンが新高値、インテル急伸受け半導体関連株への資金流入が加速◇
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に電子材料


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »