株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イビデンや新光電工が新高値、米インテル急騰で連想買い◇ 10月28日12時32分

 イビデン<4062.T>と新光電気工業<6967.T>が大幅続伸し、そろって年初来高値を更新した。両社は半導体パッケージの大手企業で、25日の米株式市場で米インテルの株価は前日比8%高と急騰したことから連想買いが流入している。インテルが24日に発表した7~9月期の売上高は191億9000万ドルと市場予想を上回った。19年通期の売上高予想も引き上げた。特にデータセンター向け半導体が伸びており、生産能力の増強姿勢も示された。これを受け、インテルとの関係が深いイビデンと新光電工に買いが集まっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
海運株が業種別値上がり率トップに、米中貿易協議の進展期待強まり追い風に◇
「半導体製造装置」が4位にランクイン、米SOX指数は最高値を更新<注目テーマ>
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に電子材料


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »