株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

光ビジネスが商い増勢で戻り高値更新、高配当で1株純資産とのカイ離にも着目 10月29日09時45分

 光ビジネスフォーム<3948.T>が商い増勢のなか5%超の上昇で450円台に買われ、上値のポイントとなっていた10月2日の戻り高値を抜いた。コンピューター向け用紙の製造・販売を手掛ける。19年12月期は営業利益段階で2億4000万円と前期実績比4割を超える伸びを見込んでいる。年間配当18円は配当利回りにして約4%。1株純資産が前期実績ベースで1176円あり、現在の株価は会社解散価値の4割を下回る水準に放置されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場戦略=半導体株の全面蜂起と2次電池フィーバー
JSRが新値追い、20年3月期業績予想を下方修正も想定内
Vコマース大幅続伸、第3四半期営業益33%増で通期計画進捗率80%


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »