株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:中外薬やオムロンに注目 10月31日09時05分

30日の米国市場はNYダウが115.27ドル高の27186.69、ナスダック総合指数が27.12pt高の8303.98、シカゴ日経225先物が大阪日中比90円高の22930円。31日早朝の為替は1ドル=108円80-90銭(30日大引け時点は108.85銭付近)とほぼ横ばい。本日の東京市場は米連邦公開市場委員会(FOMC)決定を受けた米国株高を好感し、任天堂<7974>、ソニー<6758>、ソフトバンクG<9984>などの米国株と連動性の高い大型銘柄が買いを集めそうだ。米SOX指数は小幅安で引けたが、5G関連の需要増大で2020年3月期業績予想を上方修正したアドバンテスト<6857>などを中心に関連銘柄はしっかりとした値動きが期待できよう。一方、米長期金利の低下から三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、東京海上<8766>など大手金融株は値下がりが予想される。また、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたプレステージ・インターナショナル<4290>、中外薬<4519>、牧野フライス<6135>、オムロン<6645>、富士通<6702>、アルバック<6728>、ヒロセ電機<6806>、カシオ<6952>、京セラ<6971>、HOYA<7741>、日立ハイテクノロジーズ<8036>、NTTドコモ<9437>、イーレックス<9517>、ミスミG<9962>などに注目。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »