株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 エーザイ、日信工業、富士通など 10月31日07時15分

銘柄名<コード>⇒29日終値⇒前日比
エーザイ<4523> 8148 +158
売上原価率改善などで通期営業利益を上方修正。

高見沢サイバネティックス<6424> 1270 +34
上期業績予想を上方修正、一転して黒字に。

プロシップ<3763> 1283 -74
上期営業利益は前年同期比15.8%減益に。

三井物産<8031> 1838.5 +10.0
上限3000万株・500億円の自社株買いと消却を発表、上期最終益は5%増。

トーモク<3946> 1719 +96
段ボール製品の価格改定の寄与や海外子会社伸長で上期営業利益を上方修正。

ケーヒン<7251> 2298 +400
日立系とホンダ系部品メーカー合併報道を受け再編プレミアム期待など先行。

日信工業<7230> 2193 +400
他のホンダ系とともに日立系との合併観測伝わる。

ショーワ<7274> 2206 +400
合併観測伝わったホンダ系部品3社はそろって急騰。

有機合成薬品工業<4531> 311 +38
半導体関連の出遅れとして物色との見方。

JBCCホールディングス<9889> 1842 +264
上半期は2ケタの増収増益に。

シマノ<7309> 17710 +1690
通期経常利益計画は上方修正へ。

不動テトラ<1813> 1567 +134
上半期収益予想を大幅に上方修正。

SBテクノロジー<4726> 2093 +205
7-9月期増益率は一段と高まる格好に。

アサヒホールディングス<5857> 2523 +192
貴金属価格上昇で業績予想を上方修正。

日清製粉グループ本社<2002> 2238 +184
7-9月期の想定以上の収益回復を評価へ。

インターアクション<7725> 2187 +159
ソニーの半導体投資計画を材料視へ。

カルビー<2229> 3605 +235
上半期は計画値や市場コンセンサス上回る順調決算に。

デクセリアルズ<4980> 955 +86
上半期経常利益は一転増益での着地に。

富士通<6702> 9697 +697
7-9月期営業利益は市場予想上回る大幅増益に。

RPAホールディングス<6572> 1333 +116
底値到達感も広がり自律反発の動きに。

ゼンリン<9474> 1981 +99
上半期決算正式発表であく抜け感強まる。

マンダム<4917> 3010 +168
決算は下振れもインドネシア市場の回復の兆しなど評価も。

タツタ電線<5809> 581 +29
上半期減益決算も進捗率などは順調。

さくらインターネット<3778> 653 -62
7-9月期の収益率鈍化をネガティブ視へ。

TAC<4319> 235 -17
目立った材料ないまま連日で急伸の反動も。

カプコン<9697> 2641 -241
7-9月期増益率鈍化で期待感やや後退へ。

日本アジア投資<8518> 320 -29
29日にぎわう展開も上ヒゲを残す展開で利食い優勢。

NEC<6701> 4360 -270
7-9月期決算上振れだがネガティブ要素も散見される形で。

日本ハウスホールディングス<1873> 497 -28
配当権利落ちなどの影響で処分売りが優勢に。

大同特殊鋼<5471> 4550 -180
みずほ証券では投資判断を格下げしている。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »