株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 ログリー、応用技術、Minoriソリューションズなど 11月01日07時15分

銘柄名<コード>31日終値⇒前日比
ログリー<6579> 3030 +500
公正取引委員会によるクッキー規制に関する報道が引き続き買い材料視か。

オンキヨー<6628> 42 +5
台湾のInventecと中国での車載用スピーカー等の生産を目的に
資本提携を行うと発表。

応用技術<4356> 2650 +306
官民が揃って造った工業団地への浸水リスクの報道で思惑買い。

CIJ<4826> 927 +75
今期第1四半期の営業利益は前年同期比12.4%増と2ケタ増を達成。

飛島建設<1805> 1460 +116
今期上半期業績を大幅に上方修正。

Minoriソリューションズ<3822> 2698 +479
SCSKによるTOB価格2700円にサヤ寄せ。

ティーガイア<3738> 2620 +362
上半期営業利益は増益転換に。

ぐるなび<2440> 954 +150
今期上方修正で赤字幅は縮小へ。

いであ<9768> 1865 +286
工業団地の浸水リスク報道などが思惑材料視される。

長大<9624> 1316 +182
足元の好業績を評価する動きが継続へ。

タケエイ<2151> 1262 +179
上半期上振れ決算で通期予想を上方修正。

ケーヒン<7251> 2599 +301
ホンダによるTOB価格2600円にサヤ寄せへ。

林兼産業<2286> 730 +100
バイオ関連の特許出願を材料視と。

木村化工機<6378> 451 +56
ランニングコスト低減のアンモニア回収装置を展開と報じられる。

スミダコーポレーション<6817> 1219 +139
通期業績上方修正で減益幅は縮小へ。

モリテックスチール<5986> 467 +32
EV関連の材料株として値幅取り妙味が強い状況で。

オオバ<9765> 769 +62
建設コンサルが買われる流れが波及へ。

SCSK<9719> 5540 +430
上半期業績は従来予想を大幅に上回る着地へ。

アルプスアルパイン<6770> 2344 +188
アクチュエーターへの期待感などあらためて高まる。

ファンケル<4921> 3075 +213
仮需要因もあるが7-9月期は想定以上の収益回復に。

AGC<5201> 3830 +255
7-9月期営業益は急回復の格好に。

神戸物産<3038> 3205 +150
権利落ち後も堅調推移で買い戻し優勢に。

マニー<7730> 2873 +188
直近ではSBI証券が新規に買い推奨。

アートネイチャー<7823> 721 +31
上半期大幅増益決算が評価される。

プロトコーポレーション<4298> 1175 +52
上半期好決算を評価へ。

オリエントコーポレーション<8585> 159 +10
7-9月期増益率は一段と拡大する格好で。

三櫻工業<6584> 1365 -400
過熱警戒感の強まりで利食い売りが優勢に。

タダノ<6395> 990 -166
今期業績予想の下方修正を嫌気する。

太平洋工業<7250> 1490 -163
第2四半期増益率鈍化で出尽くし感が先行。

日新電機<6641> 1278 -142
いちよし証券ではレーティングを格下げ。

TOWA<6315> 1076 -75
いちよし証券ではレーティングを引き下げ。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »