株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米中通商協議の早期進展への思惑後退、米国当局の対応に注目 11月01日21時26分

 米ブルームバーグは10月31日、匿名筋の情報として「中国はトランプ米大統領と長期的で包括的な通商合意を結べるのか疑問視している」と報じた。また、同報道によると「中国当局者は、トランプ大統領の衝動的な性格を不安視しており、米中両国が数週間以内の調印を目指している暫定合意をトランプ氏が取り消す恐れがあると懸念している」と伝えたもよう。これまでのところ、この報道に対する米国政府の反応は確認されていないが、米中通商協議のさらなる進展に対する懐疑的な見方が広がっており、市場関係者の間からは「米国当局の対応を注目したい」との声が聞かれている。

 ただ、一部の市場関係者は「米中通商協議がすみやかに進展することは望ましいが、いくつかの問題を巡る両国の利害関係を調整することは簡単な作業ではない」と指摘し、「最終的な合意形成は来年に持ち越される可能性が高い」と予想している。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »