株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ノジマが続急伸、第2四半期営業利益の計画上振れと自社株買い発表などを好感 11月01日10時43分

 ノジマ<7419.T>が続急伸している。10月31日の取引終了後に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高2696億3400万円(前年同期比9.6%増)、営業利益117億3500万円(同24.7%増)、純利益92億5100万円(同25.4%増)となり、従来予想の営業利益103億円を上回って着地したことが好感されている。

 消費税増税に伴う駆け込み需要の影響もあり、テレビや冷蔵庫、洗濯機、パソコン本体などが好調に推移したほか、エアコンが堅調に推移したことが牽引した。また、コンサルティングセールスで新商品や白物家電の比率が向上したことも、売上総利益の伸長に貢献した。

 なお、20年3月期通期業績予想は、売上高5508億円(前期比7.4%増)、営業利益195億円(同1.5%増)、純利益136億円(同7.4%減)の従来見通しを据え置いたが、配当予想は中間・期末各17円の年34円の従来予想に対して、中間配当で60周年記念配当2円を実施するとともに、中間・期末各1円を増額して中間20円・期末18円の年38円にするとしている。

 同時に、上限を100万株(発行済み株数の1.98%)、または20億円とする自社株買いを発表しており、これも好材料視されている。取得期間は11月1日から20年10月31日としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
外為サマリー:1ドル107円90銭台で推移、リスクオフムード強く軟調地合い
<個人投資家の予想> 11月01日 10時
村田製が3日ぶり急反発、20年3月期営業利益の増額修正を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »