株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東競馬は反落、19年12月期業績予想を上方修正も材料出尽くし感強まる 11月01日13時09分

 東京都競馬<9672.T>は反落している。10月31日の取引終了後、19年12月期の連結業績予想について、売上高を236億2600万円から244億500万円(前期比7.2%増)へ、営業利益を56億800万円から69億7600万円(同5.2%増)へ、純利益を34億1100万円から45億600万円(同0.2%減)へ上方修正したが、目先の材料出尽くし感から売られている。

 公営競技事業で「在宅投票システム」(SPAT4)」が引き続き好調に推移していることに加えて、前期から繰り越した修理維持費などのコストの見直しを図ったことが寄与する。また、遊園地事業の運営費用の減少が見込まれることも利益を押し上げるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
双日はプラス圏に浮上、3000万株を上限とする自社株取得枠を設定
IDHDが大幅反発、高付加価値分野の技術者シフト奏功し上期業績は計画上振れ
セガサミーが年初来高値更新、エンタメコンテンツ牽引で中間期営業利益43%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »