株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅反発、KDDIとソフトバンクGの2銘柄で約49円分押し上げ 11月05日12時52分

5日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり188銘柄、値下がり35銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は大幅反発。342.89円高の23193.66円(出来高概算7億8000万株)で前場の取引を終えている。日本の3連休中、米株式市場では10月雇用統計における雇用者数の予想上振れや米中貿易協議の進展期待により、NYダウがおよそ3カ月半ぶりに最高値を更新した。米中協議を巡っては、合意「第1弾」の署名場所についてトランプ大統領が「アイオワ州を考えていると述べた」などと報じられている。為替相場も1ドル=108円台後半と前週末より円安方向に振れ、連休明けの日経平均はこうした流れを好感し268円高からスタート。朝方には一時23215.48円(364.71円高)まで上昇して取引時間中の年初来高値を更新し、その後も高値圏で堅調に推移した。東証1部の値上がり銘柄は全体の8割弱、対して値下がり銘柄は1割強となっている。

値上がり寄与トップはKDDI<9433>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で指数を約49円分押し上げたほか、TDK<6762>、ファーストリテ<9983>、ヤマハ<7951>などがそれに続いた。先週末に第2四半期の決算を発表したKDDIの7-9月期営業利益は2976億円で前年同期比9.3%増益、第1四半期の2ケタ減益から一転して増益転換となっている。市場予想も250億円程度上回ったとみられる。注力中のライフデザイン領域やビジネスセグメントが揃って好調に推移していることもあって、想定比上振れ決算をストレートに評価する動きが優勢になったようだ。なお、値下がり寄与上位銘柄には、コナミHD<9766>、アステラス製薬<4503>、花王<4452>、コニカミノルタ<4902>、中外製薬<4519>などが並んだ。


*11:30現在

日経平均株価  23193.66(+342.89)

値上がり銘柄数 188(寄与度+381.80)
値下がり銘柄数  35(寄与度-38.91)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<9433> KDDI           3154         115 +24.86
<9984> ソフトバンクG     4304         112 +24.21
<6762> TDK           11330         630 +22.69
<9983> ファーストリテ    68240         570 +20.53
<7951> ヤマハ          5560         540 +19.45
<8035> 東エレク        22735         490 +17.65
<9613> NTTデータ        1481          76 +13.69
<4063> 信越化         12400         370 +13.33
<6857> アドバンテ       5310         180 +12.97
<6971> 京セラ          7108         163 +11.74
<6954> ファナック       21420         235 +8.47
<6367> ダイキン        15395         225 +8.11
<6098> リクルートHD      3695          73 +7.89
<6902> デンソー         5123         211 +7.60
<6645> オムロン         6610         170 +6.12
<4502> 武田           4162         162 +5.84
<8028> ファミリーマート   2668          39 +5.62
<7832> バンナムHD       6811         147 +5.30
<6305> 日立建          2882         129 +4.65
<6301> コマツ          2615        119.5 +4.30

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<9766> コナミHD         4740         -350 -12.61
<4503> アステラス薬      1815        -25.5 -4.59
<4452> 花王           8626         -114 -4.11
<4902> コニカミノルタ     708         -88 -3.17
<4519> 中外薬          9095         -52 -1.87
<8053> 住友商          1622        -41.5 -1.49
<1925> 大和ハウス       3715         -35 -1.26
<8802> 菱地所         2101.5        -29.5 -1.06
<7003> 三井E&S          823         -287 -1.03
<2802> 味の素          2046         -27 -0.97
<9301> 三菱倉          2814         -42 -0.76
<4151> 協和キリン       1953         -19 -0.68
<8252> 丸井G           2419         -17 -0.61
<4578> 大塚HD          4447         -15 -0.54
<1721> コムシスHD       3160         -15 -0.54
<4507> 塩野義          6331         -11 -0.40
<8830> 住友不          3928         -11 -0.40
<9064> ヤマトHD         1789          -9 -0.32
<6702> 富士通          9428         -90 -0.32
<8804> 東建物          1542         -16 -0.29



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »