株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は3日ぶり小反落、ファーストリテ1銘柄で指数を約13円分押し下げ 11月07日12時35分

7日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり85銘柄、値下がり134銘柄、変わらず6銘柄となった。

日経平均は3日ぶり反落。8.86円安の23294.96円(出来高概算6億1702万株)で前場の取引を終えた。前日の米国株式市場では、主要指数の連日での最高値更新を受けた利益確定の動きのほか、米中首脳会談の開催時期が12月となる見込みであると報じられたことで貿易摩擦解消期待がやや後退し、NYダウは反落。シカゴ日経225先物清算値は大阪比変わらずの23300円であったが、円相場は1ドル=109円を割り込み、本日の東京市場にもいったん利食い売りが先行した。一方で、決算反応の注目されていたソフトバンクG<9984>が朝方の売り一巡後に下げ幅を縮小したことで、225先物に対する売り方による買い戻しの動きも観測され、日経平均は一時プラスに転じる場面もあった。その後、中国・上海総合指数をはじめとしたアジア株式市場が軟調な出足をみせたことで、投資家心理の重しとなり、日経平均は小幅安で前場の取引を終えた。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり、1銘柄で指数を約13円分押し下げたほか、ダイキン<6367>、ソフトバンクG、信越化学<4063>などがそれに続いた。ファンド事業における損失計上で7-9月期が大幅赤字になったソフトバンクGは、朝方は売りが先行したものの、前引けにかけては下げ幅を急速に縮小する展開となった。なお、値上がり寄与上位銘柄には、7-9月期の上振れ決算や中期目標数値などが評価されたオリンパス<7733>が指数の下支え役となったほか、リクルートホールディングス<6098>、東京エレクトロン<8035>、花王<4452>、ファナック<6954>などが並んだ。


*11:30現在

日経平均株価  23294.96(-8.86)

値上がり銘柄数  85(寄与度+95.24)
値下がり銘柄数 134(寄与度-104.10)
変わらず銘柄数  6

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<7733> オリンパス      1765.5         289.5 +41.71
<6098> リクルートHD      3697           30 +3.24
<8035> 東エレク        22100           70 +2.52
<4452> 花王           8657           69 +2.49
<6954> ファナック       21720           65 +2.34
<9613> NTTデータ        1481           13 +2.34
<4578> 大塚HD          4510           61 +2.20
<4704> トレンド         5370           60 +2.16
<4502> 武田           4281           54 +1.95
<4519> 中外薬          9242           52 +1.87
<6988> 日東電          6200           50 +1.80
<6506> 安川電          4290           45 +1.62
<6857> アドバンテ       5300           20 +1.44
<2801> キッコーマン      5550           40 +1.44
<4506> 大日住薬         1871           38 +1.37
<8267> イオン         2273.5          37.5 +1.35
<1925> 大和ハウス       3727           36 +1.30
<2413> エムスリー       2638           12 +1.04
<5714> DOWA           3910           140 +1.01
<6952> カシオ          1781           28 +1.01

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    68310          -350 -12.61
<6367> ダイキン        15390          -250 -9.01
<9984> ソフトバンクG     4300           -22 -4.76
<4063> 信越化         12270          -120 -4.32
<9766> コナミHD         4590          -120 -4.32
<6762> TDK           11410          -110 -3.96
<6645> オムロン         6530          -110 -3.96
<7270> SUBARU          3028           -88 -3.17
<2802> 味の素         1874.5         -86.5 -3.12
<6758> ソニー          6556           -84 -3.03
<4523> エーザイ         7464           -74 -2.67
<9735> セコム          9677           -73 -2.63
<6971> 京セラ          7193           -33 -2.38
<5301> 東海カ          1065           -66 -2.38
<4911> 資生堂          8899           -56 -2.02
<4507> 塩野義          6363           -54 -1.95
<4543> テルモ          3565           -12 -1.73
<4568> 第一三共         6841           -39 -1.40
<5108> ブリヂストン      4595           -38 -1.37
<6841> 横河電          1943           -36 -1.30




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »