株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Kudan---2Qは売上高が198百万円、販売チャンネル・プロダクト・ソリューションの拡大は順調に進捗 11月11日17時04分

Kudan<4425>は8日、2020年3月期第2四半期(19年4月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比38.3%減の198百万円、営業利益が同98.5%減の3百万円、経常損失が2百万円、親会社株主に帰属する四半期純損失が2百万円となった。

AP(人工知覚)の基幹技術の一つであるSLAM の独自開発を続けており、AI(人工知能)やIoT(Internet of Things)との技術融合に向けたMachine Perception(機械知覚)、Deep Perception(深層知覚)及びNeural Perception Network(知覚ニューラルネットワーク)に関する研究開発も進めた。半導体メーカーや技術商社・インテグレータを含む国内外の先端技術企業との提携の拡大もあり、ToFセンサーとのセンサーフュージョン等SLAM をソフトウェアライセンス化した更なるアルゴリズム精度の高度化・機能向上に加えて、新しい技術ラインナップとしてLiDAR SLAMの提供を開始するなど、販売チャンネル・プロダクト・ソリューションの拡大は順調に進捗している。

また、米国・中国・日本を中心とした大手企業に対する更なる顧客基盤の拡大や欧州におけるDeepTech投資の案件リサーチの拡充に向けて、事業開発人員を補強した。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比72.8%増の650百万円、営業利益が同73.8%増の213百万円、経常利益が同106.6%増の213百万円、親会社に帰属する当期純利益が同106.8%増の213百万円とする期初計画を据え置いている。



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »