株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

旅工房が続伸、4~9月期の営業利益2.3倍を評価 11月12日14時50分

 旅工房<6548.T>は続伸。株価は一時前日比14.8%高の1613円に買われ、約半年ぶりに1600円台を回復した。ネット専業旅行社。香港デモや日韓関係の冷え込みに伴う観光客の激減が懸念されるなか、同社はオンライン商品販売とトラベル・コンシェルジュによるオーダーメイド販売を組み合わせた「ハイブリッド戦略」などで需要を取り込み、足もとの業績は絶好調だ。11日取引終了後に発表された19年4~9月期営業利益が前年同期比2.3倍の4億3500万円と急拡大。通期営業利益見通しの3億5100万円も大幅超過しており、これを評価する形で買いが流入している。

 なお、更なる成長拡大のため、期初計画から追加で1億8000万円の投資を予定していることから、通期業績見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
クレセゾン新値追い、経費削減効果で第2四半期業績は上振れ着地
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にセレスポ
メニコンがプラス圏に浮上、原価率改善で20年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »