株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 那須電機鉄工、構造計画研究所、セレスポなど 11月13日07時32分

銘柄名<コード>12日終値⇒前日比
堀場製作所<6856> 7010 -570
通期業績予想を下方修正へ。

サンフロンティア不動産<8934> 1264 -82
7-9月期の収益鈍化をマイナス視へ。

ブイ・テクノロジー<7717> 5870 -380
売上ずれ込みで業績予想を下方修正。

ラウンドワン<4680> 1145 -67
引き続き米国事業の鈍化をマイナス視へ。

日本アクア<1429> 660 -28
11日も上ヒゲ残すなど決算発表後は出尽くし感。

阪和興業<8078> 2784 -103
引き続き業績下方修正を嫌気する動きに。

アイフル<8515> 242 -10
上半期の営業減益決算をネガティブ視。

東祥<8920> 2446 -109
直近ではいちよし証券がレーティングを引き上げ。

熊谷組<1861> 3305 -55
上半期2ケタ増益決算も出尽くし感が先行。

太陽誘電<6976> 2997 +58
底堅い決算を評価する動きが優勢に。

ダイフク<6383> 6280 +280
11日の説明会を受けて見直しの動きが強まる。

西芝電機<6591> 220+50
東芝が完全子会社化を検討と伝わる。

那須電機鉄工<5922> 11960 +1910
上半期決算受けて11日から急伸。

天昇電気工業<6776> 613 +62
上半期の大幅増益決算を好感。

大日本コンサルタント<9797> 908 -7
短期資金の値幅取りの動きが継続。

イノベーション<3970> 2013 -134
20年3月期の営業利益を従来予想の0.50億円から1.00億円に上方修正。

構造計画研究所<4748> 2988 +318
第1四半期の営業損益が0.55億円の黒字に転換(前年同期は3.75億円の赤字)。

AKIBAホールディングス<6840> 4315 +700
上期営業利益は2.63億円と会社計画を上振れての着地。

旅工房<6548> 1453 +48
上期の営業利益は前年同期比131.4%増の4.35億円、
通期予想上回り上方修正期待も。

ソフトマックス<3671> 1077 +27
第3四半期の営業利益は前年同期の約3.4倍となる2.63億円で着地。

ヒーハイスト精工<6433> 360 -36
通期予想を下方修正、営業利益見通しは1.78億円から1.02億円に。
配当予想も2円減額。

セレスポ<9625> 1652+300
上期営業利益は前年同期の約20倍となる7.03億円と通期計画を上振れ。

NEWART<7638> 907 +68
上期営業利益は前年同期の約2.8倍の19.17億円で上期計画上振れ、配当予想も増額。

ピアズ<7066> 2790 -235
今期の2桁減益見通しが嫌気される。

日本リビング保証<7320> 1071 +67
第1四半期の好調な出だしを材料視。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »