株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続落、円高一服で下げ渋りも、そーせいが急落 11月13日16時56分

 本日のマザーズ指数は続落となった。前日の米国株式市場が小動きであったことから、足元で東証1部の主力級銘柄が上昇をみせていた本日の東京市場には総じて利食い売りの動きが先行した。これにより、マザーズ市場にも朝方から売りが波及する展開となった。その後、為替市場にて1ドル=109円台を回復するなど、円高基調が一服したことでマザーズ銘柄に対する押し目買いにも繋がり、前引けにかけてマザーズ指数は下げ渋った。物色としては、時価総額上位銘柄には総じて底堅い動きが目立ったものの、決算後に売り込まれたそーせい<4565>やユーザベース<3966>が指数を押し下げる展開となった。なお、売買代金は概算で651.93億円。騰落数は、値上がり99銘柄、値下がり187銘柄、変わらず15銘柄であった。
 値下がり率上位銘柄では、ログリー<6579>が19%安になったほか、リビン・テクノロジーズ<4445>やユーザベースがそれに続いて大幅安に。売買代金上位では、前日に発表した19年12月期第3四半期決算後に大きく売り込まれたそーせいが9%安になったほか、セルソース<4880>、ロゼッタ<6182>、サンバイオ<4592>、ALBERT<3906>、ホープ<6195>、中村超硬<6166>、UUUM<3990>が軟調。一方で、上期営業利益予想を3億円に上方修正した総医研ホールディングス<2385>や自社株買いを発表したJIG-SAW<3914>のほか、メルカリ<4385>、アンジェス<4563>、ブシロード<7803>、ラクス<3923>などは堅調であった。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »