株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 レーザーテック、カネヨウ、JIG-SAWなど 11月14日07時32分

銘柄名<コード>13日終値⇒前日比
BEENOS<3328> 1503 -85
決算評価の動きも一巡で戻り売り。

ヤクルト本社<2267> 6110 -600
12日には通期業績計画を下方修正している。

カネカ<4118> 3715 -260
通期業績下方修正も依然ハードルは高いとの見方。

パーソルホールディングス<2181> 2005 -146
通期営業利益予想の下方修正をマイナス視へ。

京三製作所<6742> 493 -31
特に材料見当たらず高値圏で利食い売り集まるか。

システム情報<3677> 960 -34
好決算発表も出尽くし感が優勢となる。

フィックスターズ<3687> 1491 -44
今期の大幅営業減益見通しを嫌気。

ベクトル<6058> 956 -39
いちよし証券ではフェアバリューを引き下げ。

日産自動車<7201> 710.9 -3.6
業績下方修正で年間配当見通しも未定に変更。

SMC<6273> 50450 +990
コンセンサス下回る水準に通期業績を下方修正。

レーザーテック<6920> 8480 +370
上昇トレンド続く中で買い戻しも優勢に。

カネヨウ<3209> 866 +150
兼松が900円でTOBを実施へ。

西芝電機<6591> 300 +80
引き続き再編プレミアムへの期待が優勢に。

IJTT<7315> 620 +80
自社株買いの発表をプラス材料視。

大日本コンサルタント<9797> 773 -135
12日は長い上ヒゲつけて伸び悩み。

天昇電気工業<6776> 564 -49
決算好感で12日に上昇の反動。

イメージワン<2667> 617 +100
20年9月期の営業利益は3.90億円の黒字に浮上する見通し。

セレスポ<9625> 2052 +400
好業績を評価する動きが継続。

リリカラ<9827> 229 +2
第3四半期の営業損益が4.37億円の黒字浮上(前年同期は2.24億円の赤字)で着地。

総医研ホールディングス<2385> 536 +17
20年6月期上期の営業利益見通しを2.50億円から3.00億円に上方修正。

JIG-SAW<3914> 4805 +365
上限4万株・2億円の自社株買いの実施発表を材料視。

エーアイ<4388> 1738 +90
Cerenceと「AITalk」のライセンス契約を締結。

Ciメディカル<3540> 3255 +353
19年12月期第3四半期の営業利益は前年同期比21.2%増の16.85億円。

ログリー<6579> 2120 -500
20年3月期の通期営業利益見通しを1.90億円から0.44億円に下方修正。

栄電子<7567> 609 -60
20年3月期の通期営業利益見通しを1.85億円から0.82億円に下方修正。

そーせいグループ<4565> 2267 -235
第3四半期決算を受けて一気に25日線を割り込む。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »