株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は3日続落、引けにかけ手仕舞い、JMCがストップ安比例配分 11月14日16時19分

 本日のマザーズ指数は3日続落となった。前日の米国株式市場では、米中交渉が農産物購入を巡って難航していることが伝わり、主要3指数は高安まちまちに。一方、円相場が1ドル=109円を割り込んだことから、本日のマザーズ市場にも朝方から売りが先行した。朝方の売り一巡後にマザーズ銘柄に対する押し目買いの動きもみられたが、中国経済指標やデモが深刻化する香港株が軟調となり、マザーズ市場にも次第に手仕舞い売りが優勢となった。なお、売買代金は概算で701.31億円。騰落数は、値上がり95銘柄、値下がり195銘柄、変わらず10銘柄であった。
 値下がり率上位銘柄では、今期業績予想の下方修正を発表したJMC<5704>がストップ安比例配分となったほか、MTG<7806>やリビン・テクノロジーズ<4445>が17%安に。売買代金上位では、そーせい<4565>、サンバイオ<4592>、ベルトラ<7048>、PKSHA<3993>、リネットジャパン<3556>、AI CROSS<4476>、UUUM<3990>が軟調。一方で、好決算や東証本則市場への変更申請準備開始を発表したメドピア<6095>が14%高になったほか、サイバー・バズ<7069>やブシロード<7803>、メルカリ<4385>、セルソース<4880>、ラクス<3923>は上昇した。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »