株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:ドル・円は上昇一服、上海総合指数はマイナス 11月15日11時23分

15日午前の東京市場でドル・円は一時108円63銭まで強含んだが、足元は上昇一服となり108円50銭台で推移。日経平均株価は前日比150円高の堅調、米株式先物もプラス圏を維持しドル買い・円売りに振れやすい。ただ、上海総合指数は軟調のため、円売りが抑えられたようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円38銭から108円63銭、ユーロ・円は119円45銭から119円78銭、ユーロ・ドルは1.1019ドルから1.1026ドルで推移した。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »