株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:ドル・円は変わらず、上海総合指数は前日終値付近で上げ下げ 11月15日14時41分

 15日午後の東京市場でドル・円は108円60銭付近と、変わらずの値動き。日経平均株価は堅調地合いを維持するが、上海総合指数は前日終値付近で上げ下げする値動きとなり日本株高を好感した円売りを抑制しているもよう。また、米10年債利回りは反発後ほぼ横ばいで推移し、ドル買いは進めづらいようだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円38銭から108円63銭、ユーロ・円は119円45銭から119円81銭、ユーロ・ドルは1.1019ドルから1.1030ドルで推移した。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »