株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

来週の為替相場見通し=FOMC議事録など注目 11月15日18時02分

 来週の外国為替市場のドル円相場は、依然として米中貿易協議の行方が注視されるほか、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策にも再度関心が向かいそうだ。予想レンジは1ドル=107円80~109円20銭。

 この週は米中協議への警戒感も高まるなか、ドルは一時108円20銭台まで下落した。米国による第4弾の対中関税引き上げが実施される12月15日が迫る中、来週も米中関係のニュースは一段と注目されそうだ。また、20日には10月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表される。12月のFOMCに向けて、その内容は関心を集めそうだ。さらに、19日に米10月住宅着工件数、21日に米11月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数、同景気先行総合指数、同中古住宅販売件数が発表される。国内では20日に10月貿易統計、22日に10月消費者物価指数が公表される。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
来週の株式相場戦略=2万3500円前後が抵抗線、中間配当再投資で需給良好
15日香港・ハンセン指数=終値26326.66(+2.97)
<個人投資家の予想> 11月15日 17時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »