株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

UTグループが3日ぶり反発、国内有力証券が目標株価を引き上げ 11月15日14時06分

 UTグループ<2146.T>が3日ぶりに反発している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が14日付で、投資判断「バイ」を継続し、目標株価を3200円から3500円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同証券によると。足もとの景気減速は製造派遣市場全体に影を落としているが、一方で、それにより大手製造業の工場人員体制再構築の機運が高まってきており、同社のソリューション事業に改めて注目しているという。また、ソリューション事業の拡大は利益の“質”の向上ももたらすとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
木村化は買われる、コスト管理徹底で20年3月期業績予想を上方修正
バンドーが大幅反発、来年1月受注分からコンベヤベルト製品などを値上げ
日本通信は4日ぶり反発、ドコモとの音声通話サービス協議で大臣裁定を申請◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »