株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

旭化学がストップ高、自動車軽量化関連で投資資金の流入加速も依然解散価値の半値水準 11月15日14時23分

 旭化学工業<7928.T>が続急騰、一時ストップ高に買われる人気となった。株価はきょうまでの4営業日で上昇率はほぼ40%に達している。自動車部品を主力とするプラスチック成形品メーカーで、業界の自動車軽量化に向けた動きを追い風に収益拡大局面にある。時価は依然としてPBR0.5倍台と解散価値の半値水準にあり、割安感に着目した投機資金の攻勢が加速し、需給相場の様相を呈し始めた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にZHD
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
UTグループが3日ぶり反発、国内有力証券が目標株価を引き上げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »